記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南ゼミナール・森塾で働いている講師の皆様へ:この間の交渉の経緯報告 【続報】

 一昨日、労働基準監督署から、株式会社湘南ゼミナールに対して是正勧告が出されたニュースが各新聞社やテレビ局により報道されました。

 しかし、湘南ゼミナールの経営陣は是正勧告の報道を受けてもなお、労働条件の改善のための話し合いに応じていません。なんと個別指導塾ユニオンが交渉申し入れのために本社を訪問しても、申し入れの書面すら受け取りませんでした。それだけでなく、1月9日には、湘南ゼミナールの一部の教室で働く講師の方々に対し、この間の報道やこれまでの団体交渉の経緯について誤解を与えるような説明をされています。

 そこで、個別指導塾ユニオンから、湘南ゼミナール・森塾で働く講師の方々に向けて、実際の団体交渉の経緯や内容について、本ブログにて説明させていただきます。

【交渉の経緯】
 経営側は、私たちとの話し合いを打ち切った理由を、私たちが当組合員の「未払い賃金の合計金額及びその算定根拠につき開示請求を合理的理由なく拒否する姿勢が明確に」なり、「これ以上交渉を重ねても進展する見込みがない段階に至った」からと説明しています。

 しかし、組合側はその時点では未払い賃金額を開示していなかった理由は、たんに湘南ゼミナールの経営陣が一切の未払い賃金の存在を認めないという不合理且つ不誠実な交渉態度を示していたからです(この点については労働基準監督署が未払い賃金の存在を認定したことから、会社の見解が誤っていたことが判明しています)。また、今回の交渉は、湘南ゼミナール・森塾で働く全員にとっての労働条件の改善につながるよう願って、今後のお給料の支払いや休憩の取得、給与明細のあり方の改善を交渉議題としており、過去の未払い賃金の支払いだけが交渉の議題になっているかのように説明する湘南ゼミナールのやり方は間違っています。そもそも、本ブログで何度も紹介しておりますが、団体交渉の拒否もまた違法です。

 今回の是正勧告を受け、湘南ゼミナールは各報道機関に対して、「真摯に受け止め、誠意をもって対応したい」と述べているそうですが、団体交渉を一方的に打ち切り、交渉の再申し入れをしても門前払いをする態度やこれまでの経緯を捻じ曲げてアルバイト講師の方々に説明する態度からは、誠意ある対応に努める姿勢は感じられません。湘南ゼミナールは速やかに交渉の席に着いて、労働基準法違反を改善する社会的な責任があります。

 【湘南ゼミナール・森塾で働いている講師の方々へ】
 今回、大学生のアルバイト講師が声を上げたことで、労働基準監督署から労基法違反を是正するよう勧告が出されるといった成果が上がったように、実際に行動に移すことで、違法な労働実態は変えられます。「払われていない分のお給料を取り返したい」「違法な労働環境を改善してほしい」と感じている方は、ぜひユニオンへお問い合わせください。

■連絡先
個別指導塾ユニオン(ブラックバイトユニオン)
〒155-0031 東京都世田谷区北沢4-17-15 ローゼンハイム下北沢201号室
メールアドレス: info@kobetsu-union.com
電話番号: 03-6804-7245
FAX番号: 03-6804-7247
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kobetsuunion

Author:kobetsuunion
個別指導塾ユニオンは、学生アルバイトの塾講師を中心に、個別指導塾における労働条件の改善に取り組む労働組合(ユニオン)です。
電話・メール相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@kobetsu-union.com
WEB:http://kobetsu-union.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。