記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個別指導塾問題が朝日新聞等で取り上げられました!

 昨日(6月7日)の朝日新聞で、厚生労働省が塾業界のブラックバイト改善を求めて、適正な労務管理を要請していたことが報じられています。その中で、個別指導塾ユニオンの発足についても触れられました。以下、記事の一部を抜粋してご紹介します。

塾のブラックバイト、厚労省が改善要請 違法な例示す
(朝日新聞 2015年6月7日)

 大学生らを酷使する「ブラックバイト」の問題で、厚生労働省が学習塾業界に、適正に賃金を支払うよう異例の要請をしていたことがわかった。「未払い賃金がある」といった相談が労働組合などに相次いでおり、業界全体で改善に取り組むよう求めている。

 講師らが授業時間の前後に働かされているのに賃金が支払われていない事例があり、厚労省が調べていた。残業の割増賃金を支払わなかったり、時給が最低賃金を下回ったりする例もあったという。

 厚労省は具体的な件数を公表していないが、労働基準法や最低賃金法の違反事例も目立つとして、塾業界で不適切な労務管理が広まっている可能性があると判断。労働基準局長からの改善の要請文を、全国学習塾協会や私塾協同組合連合会など関係7団体に3月末に送った。

 要請文では、労働基準監督署が実際に指導した違法なケースを例示している。授業後に生徒からの質問対応をさせる際に、時間給ではなく一律「100円」だけ払っていた事例もあったという。

 全国学習塾協会は、約470の塾運営会社などに内容を伝えて法令順守を徹底させるようにした。担当者は「一部の塾による賃金未払いは、業界が以前から抱える問題だ。厚労省の要請をきっかけに、見直しを進めていきたい」という。

 ただ、業界団体のなかには「会員への指導に強制力はなく対応は任意」というところもある。団体に加盟していない小規模の塾も多いため、改善要請が十分に伝わらない恐れもある。

 この問題ではブラックバイトユニオンを母体として、「個別指導塾ユニオン」が4日に発足。賃金の支払いなどを求め、10社前後の企業に団体交渉を申し入れていく方針だ。

引用元:朝日新聞デジタル(Yahoo!ニュース)「塾のブラックバイト、厚労省が改善要請 違法な例示す」

 また、こうした個別指導塾やブラックバイトの問題について、雇用・労働政策研究者である今野晴貴氏がYahoo!ニュースの記事を執筆しており、そのなかで個別指導塾ユニオンの発足にも触れられています。以下、その内容の一部をご紹介します。

厚労省も異例の改善要請! 個別指導塾はブラックバイト業界か
Yahoo!ニュース 2015年6月7日 
今野晴貴氏(NPO法人POSSE代表。雇用・労働政策研究者)

 6月4日、個別指導塾で働いている学生と、学生アルバイトの労働相談を受け付けるブラックバイトユニオンのスタッフにより「個別指導塾ユニオン」が発足された。発足当日、個別指導塾業界の最大手「明光義塾」を運営する明光ネットワークジャパンなど3社にたいして団体交渉の申し入れを行っている。

 代わりの講師が見つからないうちに辞めると、損害賠償を請求する。曜日のシフトを一旦決めたら、半年間は就活があろうとも変更することはできない。通常授業以外に行われる夏期講習・冬期講習・春期講習などに積極的に参加しないと、通常のシフトを減らすか解雇する。

いずれも法的には無効となる内容だが、法律の知識のない学生たちを萎縮させて、職場に拘束するには「効果的」だといえる。この個別指導塾で、これらの書類に縛られた学生たちが大学よりも、アルバイトを優先する実態が起きているだろうことは、想像に難くない。これはまさに、学業に支障をきたすブラックバイトの一種である。だが、塾ブラックバイトの本当の恐ろしさは、「自発的に辞められなくなる」ことにある。

今回、個別指導塾ユニオンを発足させた学生たちが団体交渉に踏み切った理由は、自分自身のためだけではないという。申し入れをした組合員の学生の一人が危機感を募らせたのは、自分が教えた塾の生徒の「この塾で働きたい」という言葉だった。自分も生徒を一生懸命教えたので、塾を好きになってくれたのは嬉しかったが、違法がまかり通る教室で生徒たちを働かせたくないという思いから、改善に向けた思いを強くしていたというのだ。

また、準備や報告などの時間は、個別指導塾において生徒たちを教えるのに必要な時間だ。それが軽視されるのではなく、ちゃんと賃金が払われることによって、安心して働くことができる。コマ給を改善することで、授業以外の時間の労働も、意味のある仕事として認めてほしいと語っている。

また、ある大手個別指導塾では、一人の講師で教えるのは3人までと宣伝しておきながら、一度に生徒を多く詰め込んで授業料を稼ぐため、90分間に6人の生徒を一度に教えさせている実態などもあるという。もちろん講師アルバイトたちのコマ給の額は変わらず、負担が増え、教育内容にも無理が出る。個別指導塾ユニオンは消費者問題としても、塾講師の労働問題に取り組んでいく予定だ。

引用元:「厚労省も異例の改善要請! 個別指導塾はブラックバイト業界か」
Yahoo!ニュース 2015年6月7日
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kobetsuunion

Author:kobetsuunion
個別指導塾ユニオンは、学生アルバイトの塾講師を中心に、個別指導塾における労働条件の改善に取り組む労働組合(ユニオン)です。
電話・メール相談を受け付けています。お気軽にご相談ください。
TEL:03-6804-7245
MAIL:info@kobetsu-union.com
WEB:http://kobetsu-union.com

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。